サンセット講座


サンセット講座は、海をモチーフに様々な色の夕焼けを描く講座です。3枚の作品を通して、夕焼けのグラデーションや光の入れ方を学ぶことができます。

サンセット講座で最も重要なのはグラデーションです。少しずつ丁寧に色を重ねてグラデーションを作っていくことで、深みのある作品に仕上がります。

のびのびとグラデーションを表現するために、サンセット講座ではA4サイズの用紙を使用します。 

これまで15cm角ぐらいの作品しか描いたことがない方も、少し大きめの作品に挑戦してみませんか?


講座終了後は、認定料をお支払いいただくことでインストラクターとしてサンセット講座を開講することができます。


【インストラクターになったらできること】

◾︎サンセット講座の開講

◾︎サンセット講座の技法を取り入れたオリジナル講座の開講(認定講座は不可)

◾︎サンセット講座の技法を取り入れたオリジナル作品の販売(サンセット講座の課題そのままの作品は販売不可)


詳細はインストラクター認定の際に、認定証と一緒に規約を同封します。



【サンセット講座で描く作品】


『オレンジ色の夕焼け』

『黄金色の夕焼け』

『紫色の夕焼け』

受講料:17,000円(別途テキスト代2,100円)

認定料:5,000円(認定希望の方のみ)

時間 :7〜8時間(2〜3日に分けて受講していただきます)

受講対象者: パステル経験1年以上で、パステルの資格をお持ちの方(もしくは同等のスキルのある方)。  


テキストは、全カラーのテキスト×3冊、A5サイズの冊子『見本アート&カリキュラム』、夕日(マル)のステンシル×1枚、カットしたクリアファイル×1枚がセットになっています。

【サンセット講座を受講する上での注意点】

サンセット講座では、網を使わずカッターナイフでパステルを削ります。網で削ると、少しくすんだような色になってしまうからです。特に、黄色などは網で削ると本来の綺麗な色が出ません。黄色はサンセット講座で一番大事な色です。その黄色がくすんでしまうと、とても残念な仕上がりになってしまいます。網で削った方が楽に削れるとは思いますが、パステル本来の綺麗な色を出す為にカッターナイフで削ることを心がけてください。


普段からカッターで削ることに慣れていない方は、削るのに時間がかかってしまうかもしれません。受講前に少しでもカッターで削ることに慣れておいていただくと、レッスンがスムーズに進行できると思います。


パステルは短くなったものはカッターで削りにくいので、なるべく長いものを使用してください。

短いパステルしかない場合は、できれば新品のものを用意しておいてください。

特に051パーマネントイエロー(3)は、頻繁に使用するのであっという間になくなります。


サンセット講座では下記のパステルを使用します。

◾︎必ず使用する指定の色

051、036、037、040、148、058、142、143、048、028、014、137、125、113

◾︎指定の色以外によく使う色

139、147、019


【サンセット講座で使用する道具について】

◾︎基本の道具以外に、ペン型消しゴム(2.3mm径)を準備してください。基本の道具はこちらでご確認ください。

◾︎画用紙はA4サイズの画用紙×3枚、A5サイズの画用紙×1枚、A4サイズを横置きにして横半分(105mm×297mm)にカットした画用紙×1枚(全て縁をテープでマスキング済みのもの)を準備してください。

◾︎カッティングマットはA4サイズでも問題ありませんが、用紙がA4サイズなのでカッティングマットはB4ぐらいが使いやすいと思います。

◾︎サンセット講座では、なるべく表面が滑らかな画用紙を使用してください。ザラザラした画用紙はサンセット講座の雰囲気に合いません。おすすめはミューズ ザ・スケッチです。



サンセットワークショップ

1作品のみ受講したいと言う方は、ワークショップが可能です。

ただし、サンセット講座のワークショップは『オレンジ色の夕焼け』→『黄金色の夕焼け』→『紫色の夕焼け』の順にしか受講できません。

サンセット講座は、最初はシンプルな空と海だけの作品からスタートし、次に雲を入れたりグラデーショ ンが複雑になったりと、少しずつステップアップしていくような流れで作っていますので、ワークショッ プの場合でも順番にしか受講できないようになっています。

まず1作品だけ描いてみたいという方は『オレンジ色の夕焼け』を受講していただきます。


時間 :2〜3時間

受講料:6,000円(別途テキスト代700円)


コースの受講でなくワークショップを3回受けて全作品を描かれた場合も、認定料5,000円をお支払いいただくことでインストラクターへの認定申請が可能です。

※ワークショップでは、通常サンセット講座のテキストに付属されているA5サイズの冊子「見本アート&カリキュラム」が付属されません。インストラクター認定申請の際に、あわせて「見本アート&カリキュラム(500円)」をご購入いただく必要がございます。



◆受講者様へのお願い◆

・サンセット講座を開講出来るのはインストラクター認定を受けた方のみです。WSのご受講のみで教えることは出来ませんのでご了承下さい。 

・インストラクター認定を受けていない方がサンセット講座の作品を展示・販売することは出来ません。 


サンセット講座は対面、Zoom、通信講座でご受講いただけます。

現在対面講座は出張のみ受け付けております。 



◾︎出張レッスン詳細はこちら 

◾︎Zoom詳細はこちら

◾︎通信講座詳細はこちら



カッターで削るのが苦手な方へ、私が使用している道具をご紹介します。


私はカッターの代わりに超硬スクレーパーという道具を使用しています。

本来パステルを削るための道具ではないので、削り方にコツがあり最初は削るのが難しいと思います。

私はカッターよりもスクレーパーの方が削りやすいのでこちらを使っていますが、普段からカッターで削ることに慣れている方はカッターの方が削りやすいかもしれません。

価格も少し高めで、1,600円ぐらいします。ですが、カッターのように使用するうちに切れ味が悪くなって削りにくくなるということがあまりないので、一度買ってしまえば長く使えると思います。

私がスクレーパーを使用している一番の理由は、カッターのようにすぐ削れなくなって刃を替えないといけないのが面倒だからです^^;


削りやすいかどうかは個人差があるかもしれませんが、試してみる価値はあると思います。

アマゾンと楽天のリンクを貼ってますので、気になる方はチェックしてみてください。


別売りのホルダーに装着して使用するので、あわせてホルダーも購入しないといけません。